≪銀行系≫10秒審査!限度額300万円、年利15.0〜18.0%
オンライントレードならひまわり証券で!
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
お金借りる@情報局オススメローンベスト3

団信

消費者金融「命担保」の保険、法的判断せず 神戸地裁〜お金借りる@情報局〜

 消費者金融大手「アイフル」(京都市)が自社を受取人とした生命保険を顧客にかけていたことをめぐり、同社などからの借金を抱えて自殺した女性(当時66)の長女が、同社に保険金請求権がないことの確認などを求めた訴訟の判決が30日、神戸地裁であった。菊池章裁判官は「アイフルが請求権を放棄しており、確認する利益がない」として訴えを却下。同社に対する330万円の損害賠償請求も棄却した。

 訴えていたのは、兵庫県伊丹市の主婦弘中照美さん(46)。

 判決は、アイフルが提訴後の昨年8月、「協力してもらえる見込みがない」と保険金請求権を放棄したことを指摘。弘中さんが「命を担保に回収する仕組みだ」と訴えた保険契約自体について法的判断をしなかった。

 また、母親の死亡診断書などの提出を求められて精神的苦痛を受けたとする弘中さんの主張について、判決は「依頼書の送付自体に遺族心情への配慮を欠く」と指摘したものの「文書の送付を依頼しているだけで、不当な目的は認められない」とし、違法とまでは言えないと結論づけた。

 判決によると、弘中さんの母親は00年にアイフルから融資を受けた際、顧客が死亡した場合に消費者金融会社が残債を保険会社から受け取る「消費者信用団体生命保険」に加入。04年8月、母親は自宅で首をつって自殺。アイフルは05年6月、母親の残債約63万円を同保険の保険金で回収するため、弘中さんに死亡診断書や死体検案書の提出を求めた。
(朝日新聞)


(PR)
借りるなら! TVCMでおなじみ、
三菱東京UFJ銀行系「モビット」が<今>かなりイケてます。
銀行系独自のスムーズ審査で、【即日融資が可能】。
平日15時までに手続き完了→3分程度でお振込
融資上限金額は余裕の【300万】、金利は納得&誠実の【15%〜】。
簡単な【ネット申込】10秒審査 『その場』ですぐ表示!!





お金借りる@情報局

団信

団信は規制強化の犠牲〜お金借りる@情報局〜

日本金融新聞より

団信が実質的に廃止になり、今さら「遺族への督促が新たなトラブルになる」などと報道しているが、まさに今さらである。
そんなことは始めから分かっている。「相続放棄をすればいいのだ」などの主張もあるが、それは借入者が死亡時には全員「多重債務になっていて資産もない」との前提である。そんなわけがない。
そもそも、この保険批判は、貸金業界に対する批判をあらゆる方向から展開し、規制強化の法改正を実現しようという流れの一つだから、そこに冷静な分析などあるはずもない。


まさにその通り。
当社みたいな風が吹けば吹き飛ぶような小規模な会社( ̄□ ̄;)!!は団信をやっていない。
団信に加入して儲けがでるのなら、喜んでやるが、経費の方が上をいってしまう。
だから、大手・中堅だけしかやらない、顧客のこと、残された遺族の生活のことを
考えての団信なのである。
政治家とマスゴミの規制強化実現のために、顧客にとっては、喜ばれる団信が犠牲になってしまったのが事実である。(´・ω・`)ショボーン 

以上「街金全滅((;゚Д゚)ガクガクブルブル 黄昏役員日記」より引用

≪銀行系≫10秒審査!限度額300万円、年利15.0〜18.0%


お金借りる@情報局

団信

<消費者金融>自己破産死者の生命保険金で債権回収〜お金借りる@情報局〜

 消費者金融が借り手全員に生命保険を掛けていた問題で、大手の1社が自己破産後に死亡した顧客を住民票で確認し、生命保険会社に保険金を請求して債権を回収していたことが分かった。
自己破産者の債務は法的に免責されており、業界団体も問題視している。これまで行われてきた安易な債権回収の実態が改めて問われそうだ。(毎日新聞)

自己破産者の住民票をわざわざチェックしてるのか?

ある意味すごい業者だね。

実際、契約書のコピーを付ければ、簡単に住民票は取れるけど、

こんなことやってると自分の首を絞めることになる。

住民票の申請が厳格になれば、

逃げた顧客を追うのが難しくなるのに。

そこまで考えないのかなぁ。

借りる方としては、住民票の取得が厳しくなれば、

いろいろな意味で有利になるので、

もっとマスコミで叩いて欲しいね。

自己破産 自分で手続きお助けマニュアル

お金借りる@情報局

団信

「命を担保」契約 消費者金融打ち切りへ☆お金借りる@情報局

プロミスが10月1日から、

「消費者信用団体生命保険」(団信)の契約を打ち切ると発表した。


「団信」は、借り手の死が融資金の回収と直結していることから、

厳しい取立てで死に追いやるとの批判を招いていた。


果たしてそうだろうか。

実際は、許認可を受けて営業している業者が、

死に追いやるような厳しい取立てなんてやってない。


業者は金儲けのために商売している。

だから、財務局の指導を受け、

営業停止になるような取立ては行なわない。


ひとりたかだか100万くらいの金額で、

利益を棒に振るようなバカは大手にも中小の業者にもいない。

それが現実です。


「団信」が、厳しい取立てを助長しているなんて、

机上の空論だ。認識不足も甚だしい。


「団信」が無くなれば、借り手が死亡した場合、

残債務は遺族に引き継がれることになる。

弁護士などからは「相続放棄」や、

「財産の範囲内で借金を認める限定相続がある」との声もあるが、

借り手が自宅を競売にかけられる恐れもある。


借金とは全く関係ない遺族に債務を負わせるよりは、

「団信」で返済してくれた方が良いと思うが・・・


借り手の自殺を防ぐには、

自己破産(自分でできます「自己破産 自分で手続きお助けマニュアル」

や債務整理をもっと敷居の低いものにした方が、効果が高い。


また、厳しい取立ては、主に闇金がしていることなのだから、

闇金の摘発にもっと力を入れれば解決する問題だ。

実際に、闇金が無くなるかは別として・・・(これは利用する側の問題)

お金借りる@情報局

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。